カムリゴケ(英語表記)Pilophoron japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カムリゴケ
Pilophoron japonicum

ハナゴケ科に属する樹状地衣類の1種。サハリン,北海道から本州にかけて分布する。地衣体は暗灰緑色。岩石上に広がって固着する。棒状でほとんど分枝しない柄の上に子器を生じる。表面は黒色で,ここに無色の子嚢層を生じ,円筒形で8胞子を蔵する子嚢ができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カムリゴケ
かむりごけ
[学]Pilophoron hallii (Tuck.) Vain.

地衣類キゴケ科の1種。山地の岩上に生え、地衣体は小さい。子柄は高さ2~3ミリメートルで棒状となる。子器は棍棒(こんぼう)状で、黒色。日本各地のほか、北アメリカにも分布する。[佐藤正己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android