コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カムリゴケ カムリゴケPilophoron japonicum

2件 の用語解説(カムリゴケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カムリゴケ
カムリゴケ
Pilophoron japonicum

ハナゴケ科に属する樹状地衣類の1種。サハリン北海道から本州にかけて分布する。地衣体は暗灰緑色。岩石上に広がって固着する。棒状でほとんど分枝しない柄の上に子器を生じる。表面は黒色で,ここに無色の子嚢層を生じ,円筒形で8胞子を蔵する子嚢ができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カムリゴケ
かむりごけ
[学]Pilophoron hallii (Tuck.) Vain.

地衣類キゴケ科の1種。山地の岩上に生え、地衣体は小さい。子柄は高さ2~3ミリメートルで棒状となる。子器は棍棒(こんぼう)状で、黒色。日本各地のほか、北アメリカにも分布する。[佐藤正己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone