コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カムリゴケ カムリゴケ Pilophoron japonicum

2件 の用語解説(カムリゴケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カムリゴケ
カムリゴケ
Pilophoron japonicum

ハナゴケ科に属する樹状地衣類の1種。サハリン北海道から本州にかけて分布する。地衣体は暗灰緑色。岩石上に広がって固着する。棒状でほとんど分枝しない柄の上に子器を生じる。表面は黒色で,ここに無色の子嚢層を生じ,円筒形で8胞子を蔵する子嚢ができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カムリゴケ
かむりごけ
[学]Pilophoron hallii (Tuck.) Vain.

地衣類キゴケ科の1種。山地の岩上に生え、地衣体は小さい。子柄は高さ2~3ミリメートルで棒状となる。子器は棍棒(こんぼう)状で、黒色。日本各地のほか、北アメリカにも分布する。[佐藤正己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カムリゴケの関連キーワードリトマスゴケ兜苔花苔地図苔裂芽ハナゴケカブトゴケフランネルゴケ樹枝状地衣類葉状地衣類