コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメラグランプリ かめらくらんふり,かめらぐらんぷり

カメラマン写真用語辞典の解説

カメラグランプリ

TIPA や EISA とならび世界3大カメラ賞に数えられる、昭和59(1984)年創設の権威ある賞。 カメラ記者クラブ が主催し、運営にはカメラグランプリ実行委員会があたる。(4月1日から翌年の3月31日までの)1年間に日本国内で新発売されたスチルカメラのなかから、もっとも優れたカメラ1機種を選び表彰する。審査には、カメラ記者クラブ員および加盟誌の各編集長(もしくは代表者)にくわえて、カメラグランプリ実行委員会が委託した外部選考委員(学識経験者、カメラメカニズムライター、写真家など約50名)があたる。  なお従来の“カメラグランプリ”のタイトルは平成20(2008)年から“カメラグランプリ大賞”へと変更された。また、カメラグランプリ(大賞)とは別に、平成2(1990)年から、対象をカメラ以外のアクセサリーにまで範囲を広げ、カメラ記者クラブのメンバーが合議によって選ぶ「カメラ記者クラブ特別賞」も設けられている。こちらも平成20年に「カメラ記者クラブ賞」へと名称を変更している。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

カメラグランプリの関連キーワード多分割測光

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カメラグランプリの関連情報