コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カモノハシ竜 カモノハシりゅう

2件 の用語解説(カモノハシ竜の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カモノハシ竜【カモノハシりゅう】

ハドロサウルス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カモノハシ竜
かものはしりゅう
duck-billed dinosaur
[学]Hadrosauridae

草食恐竜の仲間。二本肢(あし)歩行の1グループで白亜紀後期の、約8900万年~6550万年前に繁栄した。分類学上は鳥盤目鳥脚(ちょうきゃく)類(亜目)に属するハドロサウルス科の通称。カモノハシ恐竜、カモハシ恐竜、カモ竜ともいわれる。名称の由来は、あごが幅広く、前が平らで、カモのような角質のくちばしで覆われていたからである。この仲間には頭に奇妙な隆起をもつ属が多く、その内側には鼻管の長い通路がある。とくに嗅覚(きゅうかく)上皮細胞を発達させたらしい。一般に歯の数が多く、葉形のものが2000個ほどある。全長約10~13メートルで、尾がワニのように横に狭まり水泳に適していた。ミイラ化石から、皮膚がモザイク模様の鱗(うろこ)で覆われ、足にはパッド(足裏の膨らみ)があることが判明している。胃の中身に針葉樹類の針葉、小枝、果実など陸上植物が発見されたが、死後体内に流入した疑いもある。南樺太(からふと)(サハリン)で発掘されたニッポノサウルスNipponosaurusもカモノハシ竜の一属。[小畠郁生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone