コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カヤモノリ

2件 の用語解説(カヤモノリの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

カヤモノリ

からだは細長い円筒状で,一定間隔でくびれる。盤状の付着器から叢生し,からだは基部にかけて細くなる。分枝はみら れない。からだは中空で,内部には気体が入っているので,冠水時には上の写真のように水中で立ち上がる。色素体を持つ小形の皮層細胞は2〜3層で,その内 側に大型で無色の円形から楕円形の細胞が3〜5層並ぶ。直立した藻体は冬から春にかけて,ある短期間に非常に繁茂する。夏から秋にかけては盤状体となり, 目立たずに岩上に生育しているという。手触り柔らかい。生体は明るい褐色〜濃褐色。押し葉標本は台紙によくつく。食用とする地方もある。カヤモノリ目の種類は,藻体として認識される巨視的な配偶体(半数体,n世代)と,微視的な盤状または糸状の胞子体(二倍体,2n世代)の異型世代交代を行う。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カヤモノリ
かやものり
whip tube
[学]Scytosiphon lomentaria Link

褐藻植物、カヤモノリ科の海藻。黄褐色で細長い円紐(えんちゅう)形の中空管状体をなす。2~3センチメートル置きにくびれるのが普通であるが、まれにくびれないものもある。世界的に広く分布し、日本沿岸でも各地の岩礁海岸でみられる。干潮線付近に冬から春にかけ繁茂する一年生藻で、食用にする地方もある。[新崎盛敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カヤモノリの関連キーワード髄鞘細長親時計特鰭箒虫星虫羅鱶馬刀貝カードナイフ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone