カラオスマンオウル(英語表記)Karaosmanoǧlu, Yakup Kadri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラオスマンオウル
Karaosmanoǧlu, Yakup Kadri

[生]1889.3.27. カイロ
[没]1974.12.13. アンカラ
トルコの作家,外交官。小アジアの豪族カラオスマンオウル家の出身。6歳のとき,カイロからトルコへ戻り,イズミルで教育を受けたのち,1908年に詩や短編小説文壇にデビュー。文学団体「未来の夜明け」 Fecr-i Âtîを主宰するかたわら,ジャーナリストとしても活動を続けた。第1次世界大戦後,国会議員となり,プラハ駐在領事,スイス大使を歴任。作家としてはフランス文学の強い影響を受けつつも,常にイスラム教徒として,またトルコ人としての文化的,民族的遺産を基調とした詩や短編小説,戯曲を発表した。代表作『ヌル・ババ』 Nur Baba (1922) ,『原野』 Yaban (32) ,『パノラマ』 Panorama (52~53) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android