コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラギーナン carrageenan

世界大百科事典 第2版の解説

カラギーナン【carrageenan】

紅藻類スギノリ科(スギノリ,ヤハズツノマタ,ツノマタ),ミリン科(キリンサイ)などの海藻より製造した食用糊料。原藻を乾燥・漂白後,細胞間物質を抽出・精製して得た酸性多糖類である。その利用はアイルランドのカラギーンCarrageen村に始まり各国に広まったため,Irish moss extracts,carragheenin,carrageenなどいくつかの呼び名がある。溶解性,凝固性,安定性などを異にするカッパ(κ),ラムダ(λ),イオタ(ι)など数種のカラギーナン成分があるが,市販品中のこれらの含有比率は,原藻の種類,産地,採取時期によって異なり,それに応じて品質や特性も多少相違する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カラギーナン【carrageenan】

紅藻類から得られる酸性の多糖類。水によく溶け、粘性が高い。食品用糊料・安定剤・乳化剤として利用する。カラゲナン。カラゲニン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のカラギーナンの言及

【スギノリ(杉海苔)】より

…スギノリに近縁な種に,岩上を横臥(おうが)するように生育するカイノリG.intermedia Suringar,形状がイカの足を連想させるイカノアシG.mamillosa (Good.et Wood.) J.Ag.,葉状の体にいぼ状突起を多数つけるイボノリG.pacifica Kjellm.などがある。日本産のこの属の種はいずれも小型であるが,アメリカ大陸の太平洋沿岸などにはG.corymbifera (Kuetz.) J.Ag.やG.exasperata Harv.et Baileyのように,長さが1m以上,幅が30~50cmにもなる葉状の大型の種が多数生育し,カラギーナン(飲料やジャムなど食品の安定剤,分散剤)の重要な原藻となっている。【千原 光雄】。…

※「カラギーナン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カラギーナンの関連キーワードアイリッシュモス増粘安定剤水産加工品カラゲナン増粘多糖類アガー

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android