コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラクサシリス Syllis ramosa

世界大百科事典 第2版の解説

カラクサシリス【Syllis ramosa】

多毛綱シリス科の環形動物。体側から不規則に芽をだして成長するので,全体が網目状になり,これを唐草模様にみたててこの名がある。相模湾,駿河湾,フィリピン諸島などの水深400m内外の海底に産する六放カイメン類の一種のタカツキカイメンCrateromorpha meyeriの表面にはりついているが,カイメンから栄養を得て生活しているものと思われる。体は幅0.7mmほどで鮮紅色。前口葉には3本の感触手と2対の眼点がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラクサシリス
からくさしりす
[学]Syllis ramosa

環形動物門多毛綱遊在目シリス科に属する海産動物。体の側方より不規則に多くの芽を出して全体が網目状になるところから唐草(からくさ)模様に見立ててこの名がある。相模(さがみ)湾以南からフィリピン諸島に分布し、水深400メートル内外の海底に産するタカツキカイメンの胃腔(いこう)の内面に付着して共生している。体は幅0.7ミリメートルほどで鮮紅色。頭部には3本の感触手、2対の眼点と1対の副感触手がある。体の両側からいぼ足が生じ、背触糸が長短交互に並び、長いものは28輪線、短いものは15輪線をもち、2本ほどの短い鉤(かぎ)状の剛毛をもっている。珍奇な動物の一つとされる。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カラクサシリスの関連キーワード多毛類

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android