カラビュク(英語表記)Karabük

世界大百科事典 第2版の解説

カラビュク【Karabük】

トルコ北西部,黒海に臨むゾングルダク県の都市。人口11万4000(1994)。イェンジ川の左岸にあり,トルコ最大の鉄鉱石の産地として知られ,1981年の生産高約200万t。製鉄・製鋼・化学工業が盛んで,火力発電所もある。【長場 紘】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカラビュクの言及

【ゾングルダク】より

…付近にはトルコ最大(年産約800万t)の炭田があり,良質の粘結炭を産出する。南東約70kmのカラビュクでは鉄鉱石を産し,ゾングルダク炭田の石炭を利用したトルコ最大の製鉄所がエレーリEreğli(ゾングルダクの西約30km。人口5万)にある。…

※「カラビュク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android