コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラマ Calama

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラマ
Calama

チリ北部の都市。太平洋岸から約 140km内陸,アンデス山脈西斜面にあり,標高約 2200m。アタカマ砂漠を流れるロア川にのぞむオアシスで,南西約 200kmの太平洋岸にあるアントファガスタへ水道が引かれている。周辺の鉱業・農業地帯の取引中心地であるとともに,アルゼンチンからアンデスを越えて運ばれてくるウシの受入れ基地となっている。近くにアメリカ合衆国のスミソニアン・インスティテューション付属の太陽観測所がある。アントファガスタと鉄道で連絡。人口9万 5379 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カラマの関連キーワードアハメドパシャカラマンリーモスクサンフランシスコデチウチウフォスター植物園カラマツ先枯病モミジカラマツシキンカラマツシギンカラマツプカラデラサナカラマツソウアキカラマツカラマン侯国鉄道防雪林マルトールハナイグチクイトゥンクロサンゴカラマズーグイマツ紅葉唐松毛角珊瑚

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android