カラマ(英語表記)Calama

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラマ
Calama

チリ北部の都市。太平洋岸から約 140km内陸,アンデス山脈西斜面にあり,標高約 2200m。アタカマ砂漠を流れるロア川にのぞむオアシスで,南西約 200kmの太平洋岸にあるアントファガスタへ水道が引かれている。周辺の鉱業・農業地帯の取引中心地であるとともに,アルゼンチンからアンデスを越えて運ばれてくるウシの受入れ基地となっている。近くにアメリカ合衆国のスミソニアン・インスティテューション付属の太陽観測所がある。アントファガスタと鉄道で連絡。人口9万 5379 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android