カリセッケン(石鹸)(読み)カリせっけん

百科事典マイペディアの解説

カリセッケン(石鹸)【カリせっけん】

油脂を水酸化カリウム溶液でケン化(エステル加水分解)し,塩析を行うことなく冷却,固化して作ったセッケン。加里石鹸とも書く。軟質で糊(のり)状を呈するので軟セッケンともいう。刺激が少なく化粧用,家庭用,工業用,薬用になる。
→関連項目化粧セッケン(石鹸)セッケン(石鹸)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android