コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩析 えんせきsalting out

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩析
えんせき
salting out

主として有機物の水溶液可溶性塩類を溶解させて,溶質を析出させること。この現象は,加えられた塩類が水分子と水和して,溶質と水和している水分子を奪い取る (脱水効果) か,あるいは溶質粒子の表面が荷電しているときは,その電荷を塩類のもつ反対電荷で中和したり (中和効果) して,溶質の溶解度を減少させることにより起る。水分子をよくひきつけて安定化している親水コロイドの場合によくみられる。石鹸溶液に多量に食塩を溶かしこんで,石鹸を析出させたり,蛋白質の水溶液に硫酸アンモニウムを溶かして蛋白質を析出させるなど,物質の分離に利用される。 (→コロイド )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えん‐せき【塩析】

主に有機質の溶液に、可溶性の塩類を加えて、溶けていた物質を析出させること。石鹸(せっけん)溶液に食塩を加え、石鹸を析出させるなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

塩析【えんせき】

ある物質の溶液に無機塩類などを加えて,溶けていた物質を析出させること。たとえばセッケン水溶液に多量の食塩を加えるとセッケンが沈殿する。セッケン,タンパク質,酵素などの分離,精製に利用される。
→関連項目カリセッケン(石鹸)透析

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

塩析

 例えばタンパク質などは溶液に食塩や硫酸アンモニウムなどの電解質を加えることによって,溶解度が下がって析出してくる.この現象.セッケンも同様で,塩析することができる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんせき【塩析 salting out】

ある物質の溶液に適当な塩類を加えると,その物質の溶解度が減少して析出する現象。塩類が溶けるときにはイオンが溶媒と結合(溶媒和)するために自由な溶媒の量が減少し,その結果,問題の物質の溶解度が低下するものと考えられる。この現象を応用して,たとえばタンパク質やセッケンなどを溶液中から析出させることができる。この場合,加える塩類には,前者では硫酸アンモニウム,後者では塩化ナトリウムが用いられる。【玉虫 伶太】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

えんせき【塩析】

( 名 ) スル
ある物質の水溶液に塩類を大量に加えてその物質(溶質)を析出させること。タンパク質やその他の親水コロイドの溶液からコロイドを析出させるのに利用される。石鹼せつけんの分離の過程もこの例。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩析
えんせき
salting out

ある物質の水溶液に多量の無機塩を溶解させてその物質を析出させること。たとえば、タンパク質の水溶液に硫酸アンモニウム(NH4)2SO4を加えるとタンパク質が析出し、せっけんの水溶液に多量の塩化ナトリウムNaClを加えるとせっけんが析出する。一般に、有機物の水溶液から有機物を分離する化学操作として、生化学や工業化学の分野で利用されることが多く、せっけんの製造における重要な工程になっている。
 無機塩を多量に加えると溶液のイオン強度が変化し、有機物に作用していた水和水が減少するので、有機物の溶解度が著しく低下するのが原因と考えられている。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の塩析の言及

【コロイド】より

…これらの親水性分子コロイドが安定なのは分子表面が強く水和しているためで,多量の電解質を加え水和水を奪うことによって沈殿させることができる。これを塩析という。塩析効果はイオンの水和力の順になり,次の系列が知られている。…

※「塩析」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塩析の関連キーワードマルセルセッケン(マルセル石鹼)カリセッケン(カリ石鹼)液体クロマトグラフィーホーフマイスター系列カリセッケン(石鹸)インクジェット用色素ホフマイスター系列フィブリノーゲン水石鹸・水石鹼血漿タンパク質プロピオン酸トキソイドグロブリンチトクロム石鹸・石鹼塩(しお)ペプトンミオゲンレグミンにがり

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android