コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリニ肺炎(読み)カリニはいえん(英語表記)pneumocystis carinii pneumonia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリニ肺炎
カリニはいえん
pneumocystis carinii pneumonia

ニューモシスチス・カリニ原虫の感染で起こる肺炎。正式にはニューモシスチス・カリニ肺炎という。エイズ患者に最も多く見られる致死的日和見感染症。アメリカやヨーロッパの患者の 85%に発症し,平均して診断が確定して9ヵ月後に死亡する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

カリニはいえん【カリニ肺炎】

原虫(ニューモシスチス-カリニ)の感染によって起こる肺炎。エイズや末期癌などで免疫力が低下しているときに発症することが多い。咳・呼吸困難・チアノーゼを伴う。ニューモシスチス-カリニ肺炎。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android