コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日和見感染症 ひよりみかんせんしょうopportunistic infections

知恵蔵の解説

日和見感染症

免疫の働きが低下している時に、健康な人では感染しない、病原性の弱い微生物に感染すること。免疫機能の低下は、免疫不全症の患者やがん治療を受けている患者に起こる。緑膿菌変形菌肺炎桿菌(かんきん)、セラチア菌などの細菌、クリプトコッカス、カンジダなどの真菌、サイトメガロウイルス、ニューモシスチス・カリニなどによる感染がその例。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

百科事典マイペディアの解説

日和見感染症【ひよりみかんせんしょう】

健康時には問題とはならない,人間の体内(口,鼻,腸管,腟内など)や皮膚の表面に付着したり生息したりしている微生物(弱毒菌,平素無害菌)が,なんらかの原因による免疫力(感染抵抗力)低下に乗じて病原性を発揮し,感染するもの。
→関連項目生体小腸移植

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日和見感染症の関連キーワードニューモシスチス・カリニ肺炎(カリニ肺炎)エイズによる肺の病気エイズのおもな合併症後天性免疫不全症候群エイズ関連症候群レジオネラ感染症シュードモナス免疫不全症候群悪性リンパ腫放射線治療免疫抑制剤カリニ肺炎セラチアAIDS越智勇一院内感染放線菌腎不全糖尿病エイズ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日和見感染症の関連情報