コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリマコスとクリュソロエ カリマコスとクリュソロエKallímachos KaìChrysorrhóē

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリマコスとクリュソロエ
Kallímachos KaìChrysorrhóē

ビザンチン後期の恋愛物語詩。 2607行から成り,成立時期は 13世紀後半と推定される。表題となっている男女の数奇な運命を描く。数々の伝奇的なモチーフは当時の民話を反映するものであるが,主題は古代末期の恋愛物語の伝統によっており,ヨーロッパ中世の騎士道物語の要素もみられる。口語を使用している点で近代ギリシア文学への方向が認められる。作者未詳。ただしアンドロニコス2世の近親,コムネノス・ドゥカスの作品に類似の筋のものがあったが,この物語詩と同一作品とは断定できない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カリマコスとクリュソロエの関連キーワード不二製油アメリシウムアルマダアメリシウム(データノート)

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android