コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリーニングラード州 カリーニングラードKaliningrad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリーニングラード〔州〕
カリーニングラード
Kaliningrad

ロシア最西端の州。バルト3国によって隔てられた飛び地となっている。州都カリーニングラード。西はバルト海に面し,北と東はリトアニア,南はポーランドと国境を接する。全体に低い平地からなり,湖,湿地が多く,北部国境に沿ってネマン川が流れている。旧ドイツ領東プロシアの北部にあたり,第2次世界大戦後ソビエト連邦領となった。紀元前から琥珀の産地として知られ,採取,加工が盛ん。都市人口が 80%近くを占め,工業の発展した地域で,水産加工,パルプ・製紙,木材加工,機械,金属などの工業がある。農業は畜産中心。沿岸では漁業が盛ん。ポーランドと連絡する鉄道 2本が州内を通るが,海上交通が盛んで,ロシアの海の門戸の一つとなっている。沿岸にはスベトロゴルスク,ピオネールスキーなど保養地が多く,夏ににぎわいをみせる。面積 1万5100km2。人口 93万9887 (2006推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カリーニングラード州の関連キーワードビクトル パブリャチェンコチェルニャホフスクティルジット条約バルチースクグダンスク湾ロシア連邦クルシ砂嘴ソビエツククルシ湾露西亜

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カリーニングラード州の関連情報