コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリーニングラード州(読み)カリーニングラード(英語表記)Kaliningrad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリーニングラード〔州〕
カリーニングラード
Kaliningrad

ロシア最西端の州。バルト3国によって隔てられた飛び地となっている。州都カリーニングラード。西はバルト海に面し,北と東はリトアニア,南はポーランドと国境を接する。全体に低い平地からなり,湖,湿地が多く,北部国境に沿ってネマン川が流れている。旧ドイツ領東プロシアの北部にあたり,第2次世界大戦後ソビエト連邦領となった。紀元前から琥珀の産地として知られ,採取,加工が盛ん。都市人口が 80%近くを占め,工業の発展した地域で,水産加工,パルプ・製紙,木材加工,機械,金属などの工業がある。農業は畜産中心。沿岸では漁業が盛ん。ポーランドと連絡する鉄道 2本が州内を通るが,海上交通が盛んで,ロシアの海の門戸の一つとなっている。沿岸にはスベトロゴルスク,ピオネールスキーなど保養地が多く,夏ににぎわいをみせる。面積 1万5100km2。人口 93万9887 (2006推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android