コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルタヘナ議定書 カルタヘナギテイショ

デジタル大辞泉の解説

カルタヘナ‐ぎていしょ【カルタヘナ議定書】

《「バイオセーフティーに関するカルタヘナ議定書」の略称》生物多様性の保全や自然環境の持続可能な利用に対する悪影響を防止するために、遺伝子組み換え生物(LMO)等の国境を越える移動に関する手続きなどを定めた国際的な枠組み。2000年にカナダのモントリオールで開催された生物多様性条約特別締約国会議再開会合で採択された。170の国と地域が締結しているが、主要産出国の米国・カナダなどは批准していない(2017年3月現在)。カルタヘナは1999年に同議定書の採択に向けた締約国会議が開催されたコロンビアの都市名。生物多様性条約カルタヘナ議定書

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルタヘナ議定書
かるたへなぎていしょ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カルタヘナ議定書の関連キーワード名古屋クアラルンプール補足議定書生物多様性条約締約国会議バイオセーフティレベル遺伝子組換え規制法遺伝子工学

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルタヘナ議定書の関連情報