カルバミン酸

  • carbamic acid
  • カルバミンサン

化学辞典 第2版の解説

NH2COOH(61.04).炭酸のモノアミド,またはアミノギ酸に相当する.遊離酸は単離できないが,アルカリ金属塩やアンモニウム塩は固体として得られる([別用語参照]カルバミン酸アンモニウム).これらの塩に酸を加えると,NH3とCO2に分解するカルバミン酸の誘導体には重要なものが多い.たとえば,エステルH2NCOOR(Rは炭化水素基)はウレタン,アミドは尿素,ニトリルはシアナミドである.フェニルエスエルやその誘導体は殺虫剤として農薬に用いられる.[CAS 463-77-4]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android