カルバン・クライン(読み)カルバンクライン

百科事典マイペディアの解説

服飾デザイナー,またそのブランド。クラインは1942年ニューヨーク生れ。ニューヨーク・ファッション工科大学卒業後,コートなどのメーカーで働いたあと,1968年事業を始める。1970年代の働く女性の増加とともに,彼女たちがビジネスの場で着られる仕事着を作り出した。米国のファッションといえばジーンズくらいしかなかった時代,黒,白,グレー,ネイビーといったベーシック・カラーの,キャリア女性の実用着を作り出した。また労働着であったジーンズをパーティにも着られるようなジーンズにしたことで,服装のカジュアル化を推し進めた。1980年代には今日にもつながる装飾の少ない女性の下着に手を染めた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルバン・クラインの関連情報