コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルルスクルーナ カルルスクルーナ Karlskrona

1件 の用語解説(カルルスクルーナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルルスクルーナ
カルルスクルーナ
Karlskrona

スウェーデン南部,ブレーキンゲ県の県都。 1679年にカルル 11世バルト海の基地として町を発足させて以来,スウェーデンの最も重要な海軍基地の一つとなった。漁港,商業港としても国内有数で,木材,パルプ材,水産物などを輸出し,石炭,油,肥料,穀物を輸入する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルルスクルーナの関連キーワードイェーテボリクリシャンスタードスウェーデンリレースウェーデン刺繍・スウェーデン刺繡スウェーデン刺繍スウェーデン門カールスクルーナスウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)ブレーキング (breaking)カールスクローナの軍港

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone