カルルスクルーナ(英語表記)Karlskrona

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルルスクルーナ
Karlskrona

スウェーデン南部,ブレーキンゲ県の県都。 1679年にカルル 11世バルト海の基地として町を発足させて以来,スウェーデンの最も重要な海軍基地の一つとなった。漁港,商業港としても国内有数で,木材,パルプ材,水産物などを輸出し,石炭,油,肥料,穀物を輸入する。 1685年に建造されたアミラリテート聖堂はこの町最古の建物であり,木造の聖堂としてはスウェーデンで最大。主要産業は漁業のほか電話機,帽子,陶器などの製造業。 1998年海軍基地は世界遺産の文化遺産に登録。人口5万 9279 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android