カルルスルーエ(英語表記)Karlsruhe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルルスルーエ
Karlsruhe

ドイツ南西部,バーデンウュルテンベルク州ライン地溝帯の東側にある工業都市。 1715年バーデンドゥルラハ辺境伯カルル・ウィルヘルムが建設した城館を中心に放射状道路があり,北半は狩猟場,庭園,南半は市街地。バロック時代の計画都市の典型とされる。 1806年バーデン大公国の首都となり,25年ドイツで最初の工科大学がおかれた。第2次世界大戦で大きな被害を受けたが,歴史的建造物の大部分は修復。現在はこの地域の中心的な商工業都市で,ラインと連絡する河港もあり,石油精製,電機,機械,鉄鋼,建築資材,オートバイ,香水,医薬品などの工業が盛ん。人口 29万1959(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android