コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルル3世(肥満王) カルルさんせい[ひまんおう]Karl III, der Dicke

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルル3世(肥満王)
カルルさんせい[ひまんおう]
Karl III, der Dicke

[生]839
[没]888.1.13. ナインディンゲン
西ローマ皇帝 (在位 881~887) ,西フランク王 (在位 884~887) 。シャルル3世 (肥満王) とも呼ばれる。東フランク王ルートウィヒ2世 (ドイツ王) の末子。 876年東フランクの一部の王となり,2人の兄の死で西ローマ皇帝,西フランク王を兼ねた。カルル1世 (大帝) 時代の領土を支配したが実力なく,ノルマンの侵入にあたって屈辱的講和を結んだ。そのため 887年甥のアルヌルフに廃位され,帝国は分裂した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カルル3世(肥満王)の関連キーワード僖宗ウードカール[3世]エグバート藤原沢子エグバートエグバート傍聴者数外国人児童生徒維新政治塾

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone