コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原沢子 ふじわらの たくし

3件 の用語解説(藤原沢子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原沢子 ふじわらの-たくし

?-839 平安時代前期,仁明(にんみょう)天皇の女御(にょうご)。
北家藤原総継(ふさつぐ)の娘。母は藤原数子。天皇が皇太子のとき入内(じゅだい),即位とともに女御となる。宗康親王,光孝天皇,人康(さねやす)親王,新子内親王を生んだ。承和(じょうわ)6年6月30日死去。贈従三位。光孝即位により皇太后をおくられた。名は「さわこ」ともよむ。

藤原沢子 ふじわらの-さわこ

ふじわらの-たくし

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原沢子

没年:承和6.6.30(839.8.12)
生年:生年不詳
平安前期,仁明天皇の女御。紀伊守従五位下藤原総継(魚名の孫)の娘。天皇の東宮時代に入内したと考えられ,宗康,時康(光孝天皇),人康の3親王と新子内親王を生む。仁明天皇の特別の寵愛を受け,後宮随一とされた。承和6(839)年4月宮中でにわかに病となり,危篤になるにおよんで小車に乗せられて里第に運ばれ,そのまま絶命した。時に従四位下であったが,従三位を追贈。その後,元慶8(884)年に時康親王が55歳で即位すると皇太后を贈られ,墓も山陵に改められた。また,父総継にも太政大臣が贈られている。

(菅原征子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原沢子の関連キーワード五条の后百済貴命平等子平寛子田口真中並山王藤原順子藤原元善藤原小童子源宜子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone