コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロライン号事件 カロラインごうじけん Case of Caroline

1件 の用語解説(カロライン号事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カロライン号事件
カロラインごうじけん
Case of Caroline

1837年イギリスカナダアメリカ船『カロライン』号をイギリス軍が急襲した事件。カナダの反徒はアメリカとの国境のナイアガラ川中のネービー島を占領,『カロライン』号でアメリカ側から人員,物資の応援を受けていたが,カナダ政府は軍隊を派遣してナイアガラ川のアメリカ側に停泊中の『カロライン』号を急襲し,その結果アメリカ人に数名の死傷者が出,同号はナイアガラ瀑布に放下された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カロライン号事件の関連キーワードアングロアメリカイギリス領西アフリカ民族会議シャーロットタウン会議ダラム報告連合カナダ植民地静かなアメリカ人アッパー・カナダロワー・カナダ《イギリス領北アメリカの情勢に関する報告書》イギリス領北アメリカ法

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone