カンクリン(英語表記)Kankrin, Egor Frantsevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンクリン
Kankrin, Egor Frantsevich

[生]1774.11.27. ハナウ
[没]1845.9.21. パブロフスク
ロシアの財政家,政治家。ドイツ人。 1797年よりロシアで勤務。アレクサンドル1世のとき蔵相となり,ニコライ1世治世前半にも一貫して財政を担当した。彼は労働者階級を現体制への脅威と考えて,産業発展を抑圧したが,保護関税を維持し,酒類の一手販売制度を拡大して財政の改善に尽した。またナポレオン戦争期における紙幣の乱発で下落した通貨の安定をはかるため,1839年幣制改革を断行した。鉄道建設には反対したが,在任中の 37年,ロシア最初の鉄道がペテルブルグツァールスコエセロ (現プーシキン) の間に敷設されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android