コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保護関税 ほごかんぜい protective duty

6件 の用語解説(保護関税の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保護関税
ほごかんぜい
protective duty

国内産業の保護,育成のために輸入品に課する関税。国家の財政収入の確保を目的とする財政関税と同じく国庫の財源確保が目的ではあるが,直接には,国内産業を圧迫する外国商品の輸入を阻止することにあり,保護の内容によって次のようなものがあげられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほご‐かんぜい〔‐クワンゼイ〕【保護関税】

国内産業を保護する目的で、輸入品に課する関税。→財政関税

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

保護関税【ほごかんぜい】

国内産業の保護を目的として課される関税。財政収入を目的とする財政関税に対する。保護貿易の手段の一つ。内国税が課税しない物品にまで課税し,または内国税が軽く課税する物品に重く課税することによって輸入品の価格を引き上げ,国産品の価格競争力を強める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

会計用語キーワード辞典の解説

保護関税

輸入品に関税が課せられると、その分だけコストが増加し、国産品に対して競争率が低くなることになります。このような、関税による国内産業保護という機能のことを保護関税といいます。現在では、関税の機能として国内産業保護が中心となっています。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほごかんぜい【保護関税】

国内産業を保護するため、競合する輸入商品に課する関税。 → 財政関税

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

保護関税
ほごかんぜい
protective duties

国内産業を外国との競争から守るために輸入品に課する関税。関税が課せられるとその分だけ輸入品価格は上昇するので、輸入品需要は減少する。一方、輸入品と競争的立場にある商品を生産している国内産業は、関税分だけ輸入品の国内価格が上昇するのに応じて国内供給を増加しうるという保護効果を受けることになる。このように、保護関税は価格メカニズムの作用に基づき輸入を調整し、国内の産業を保護する。ガットGATT、関税および貿易に関する一般協定)やその後身の世界貿易機関WTO)が、輸入の量的制限を否定し、関税の引下げを意図しているものの、その除去を規定していないのは、保護関税がこのように価格メカニズムに即した貿易政策の主要な手段であるからにほかならない。保護関税の代表的なものとして、育成関税(教育関税)と維持関税とがある。前者は、将来の成長性は期待しうるが現在は幼稚である国内産業を保護・育成する目的のものであり、経済的進歩のための関税といえる。後者は、すでに国際競争力が失われた産業であるが、生産を縮小すると大量な失業の発生など大きな社会問題となるので当面この産業を維持しなければならないという目的のものであり、社会的安定のための関税といえる。保護関税はこのほかに、保護期間の長短により一時的保護関税と長期的保護関税、保護の対象となる産業により農業保護関税と工業保護関税、税率の程度により禁止関税と適度の保護関税(制限関税)などに分類されている。[田中喜助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の保護関税の言及

【関税】より

…関税は貿易政策の代表的手段と考えられているが,財政収入を主たる目的とする関税と,産業保護を主たる目的とする関税とがある。前者を〈財政関税〉,後者を〈保護関税〉という。中世以前の関税や第1次大戦前のイギリス,オランダ等の自由貿易主義国の関税は,もっぱら財政収入を目的としていたし,19世紀前半のアメリカでは,財政収入のうちの90%近くを関税収入が占めていた。…

【関税自主権】より

…国定税率も一層引き上げられ,ここに初めて日本は関税による保護政策を展開する基盤を与えられたといえよう。こうして精糖,綿糸布,毛織物,ガラス,洋紙,ペイントなどの産業は,保護関税のもとで輸入対抗力を強め,その発展がもたらされた。しかし,重工業関係とりわけ基礎的素材たる鉄鋼に対しては,紡績業との関係を背景においたイギリスへの配慮(原料綿花はイギリス植民地のインドから輸入)から低関税率あるいは協定税率据置きとなり,重工業育成は十分にはなされえなかった。…

※「保護関税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

保護関税の関連キーワード関税政策緊急関税国内法内地米枕崎国蚕糸国内取引それぞれ国内産ダイズ国内総生産(GDP)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone