コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンコノキ Glochidion obovatum Sieb.et Zucc.

2件 の用語解説(カンコノキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カンコノキ【Glochidion obovatum Sieb.et Zucc.】

暖地の海辺に生育するトウダイグサ科の落葉低木(イラスト)。高さ1~7mになる。和名は倒卵形の葉をかんこ舟(漁に使われた小舟)にみなしたものといわれ,転じてカッコウギともいう。雌雄異株で,7~10月ころ,小さな淡緑色の花を葉腋(ようえき)に数個つける。果実は,黄赤色の種子の入った扁球形の蒴果(さくか)。短枝の先はときにとげとなる。材は黒色で,櫛や印鑑などの材料として用いられ,コクタンノキとも呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンコノキ
かんこのき
[学]Glochidion obovatum Sieb. et Zucc.

トウダイグサ科の落葉低木ないし小高木。高さ1~2メートルで、5メートルになるものもある。小枝の先端はよく分枝する。葉は倒卵形、基部はくさび形、葉形は変化に富み、互生する。雌雄異株。夏、小さい淡緑色の花を多数葉腋(ようえき)に束生する。花は萼(がく)、花弁の区別がなく、6枚の花被(かひ)があり、雄花は3本の雄しべ、雌花は1個の子房がある。(さくか)は扁卵(へんらん)形で秋に熟して裂開し、種子は橙赤(とうせき)色。本州の伊豆半島以西、四国、九州から沖縄までの海近くの林中に生える。[古澤潔夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンコノキの関連キーワード油桐藺草榎草小蜜柑草巴豆ユーフォルビア高灯台灯台草夏灯台タピオカデンプン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone