コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンジダ性爪炎/カンジダ性爪囲炎 かんじだせいそうえんかんじだせいそういえんCandida Onychomycosis / Candidal Paronychia

家庭医学館の解説

かんじだせいそうえんかんじだせいそういえん【カンジダ性爪炎/カンジダ性爪囲炎 Candida Onychomycosis / Candidal Paronychia】

[どんな病気か]
 指先が湿ることの多い仕事の人に多くみられます。カンジダが原因で、(つめ)の周囲炎症と爪の変化が特徴の病気です。
[症状]
 ほとんどが手の指におこり、中指薬指に多くみられます。はじめは爪の周囲の皮膚が赤く腫(は)れ、ときに爪と皮膚の間が化膿(かのう)して痛みをともなうことがあります。炎症が爪をつくる根元におよぶと、出てきた爪が変形し、褐色や灰色に着色することもあります。また細菌類との混合感染もしばしばおこります。
[診断]
 他の皮膚カンジダ症に準じますが、原因菌の確定がむずかしいのがこの病気の特徴です。
[治療]
 抗真菌薬外用内服が中心ですが、手を乾燥した状態に保つことがとてもたいせつです。指先の炎症が治まっても、爪が正常の状態にもどるにはさらに数か月かかります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android