コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンジダ Candida

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンジダ
Candida

空気中にいる真菌といわれるカビの一種。子嚢菌類エンドミケス目。酵母であることはわかっているが,まだ子嚢形成が知られていないいわゆる不完全酵母類の一属。カンジダ・アルビカンス C. albicansは病原性があり,皮膚,消化器官,呼吸器官,外陰部などがおかされ,カンジダ症が起る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カンジダ(〈ラテン〉Candida)

カンジダ属に属する菌類の総称。真菌の一種。ヒトの表皮・口腔・消化器官内などに常在するが、免疫機能の低下などにより異常繁殖するとカンジダ症を起こす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

カンジダ

真菌類,不完全菌類の一属。分芽によって増殖し,仮性菌糸をつくる。加水分解酵素に富む。細菌感染症に抗生物質を用いた場合など粘膜,皮膚,気管支,肺,腸,尿路などに感染(菌交代症),炎症,膿瘍(のうよう)の原因となり,死ぬこともある。
→関連項目鵞口瘡烏のお灸真菌症腟炎トリコマイシン皮膚真菌症日和見感染症モニリア病

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カンジダ【Candida】

酵母に似た不完全菌類の1属。単細胞状の球形または卵円形をした,無色の,いわゆる酵母形をした状態のときには,出芽によって増殖する。この出芽細胞とは別に,真正菌糸および出芽による偽菌糸も形成する。酸化的分解作用のほか,発酵作用を有するものが多い。カンジダ症の主要な病原菌であるCandida albicans,石油資化性酵母C.tropicalis,飼料酵母C.utilisなどが含まれている。C.albicansはヒトや動物の口腔や皮膚そのほかの体内外から見いだされ,出芽細胞の大きさは4~6μmである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカンジダの言及

【菌交代現象】より

… 菌交代現象や菌交代症の発生機序を考えるとき,微生物,宿主(ヒト),薬剤および環境の4因子を検討するのが便利である。微生物すなわち耐性菌は抗生物質の発達に伴い時代とともに当然変化するが,現在ではグラム陰性杆菌,とくに緑膿菌,およびその類縁菌,霊菌,カンジダなどが重視されている。宿主側では,3歳以下および60歳以上により多く,基礎疾患や感染防御力の低下があると起こりやすい。…

【酵母】より

…子囊胞子を形成するサッカロミケスSaccharomyces,ピキアPichia,ハンゼヌラHansenula,デバリオミケスDebaryomycesなどは子囊菌類に由来し,冬胞子(テリオスポアーteliospore)を形成するロドスポリディウムRhodosporidium,レウコスポリディウムLeucosporidium,その半数体のロドトルラRhodotorula,スポロボロミケスSporobolomycesなどは担子菌類に由来すると考えられている。また,胞子を形成しないため,その由来の明らかでないカンジダCandidaのような無胞子酵母がある。細胞はおおむね円形ないし楕円形で,楕円形の場合短径が約3~4μm,長径が8~10μmである。…

※「カンジダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カンジダの関連キーワードCandida albicans口腔カンジダ症(鵞口瘡)口角びらん(口角炎)侵襲性カンジダ症全身性カンジダ症深在性カンジダ症表在性カンジダ症浅在性皮膚真菌症カンジダ性間擦疹鵞口瘡・鵝口瘡指間カンジダ症深部皮膚真菌症皮膚カンジダ症深在性真菌症おむつ皮膚炎肺カンジダ症腟カンジダ症モニリア症咽頭真菌症爪甲剥離症

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カンジダの関連情報