カンゼ(甘孜)チベット(蔵)族自治州(読み)カンゼチベットぞく(英語表記)dkar mdzes; Garzê Zangzu

  • カンゼ(甘孜)チベット(蔵)族〔自治州〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国西南地方,スーチョワン (四川) 省西部,ホントワン (横断) 山脈中にある自治州。北はチンハイ (青海) 省,西はチベット (西蔵) 自治区に接する。行政中心地のあるタルツェムド県など 18県から成る。ターシュエシャン (大雪山) 山脈,シャールーリーシャン (沙魯里山) 山脈などの峻険な山地にあり,西縁をチャン (長) 江の上流チンシャー (金沙) 江,中央を支流ヤーロン江が,深い谷を刻んで南流し,山頂と谷底の比高は 2000~3000mに達する。山腹の草原で,ヤク,ウシ,ヤギ,ヒツジが放牧される。森林は針葉樹を主とし,薬草類が豊富。谷底ではハダカムギトウモロコシ,春コムギ,エンドウなどが栽培される。地下資源はロンザク県雲母,タルツェムド県,リータン (理塘) 県の砂金が有名である。チベット自治区にいたるチョワンツァン (川蔵) 道路が通っている。住民は大部分がチベット族。人口 82万 8531 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android