カンタリジン中毒(読み)カンタリジンちゅうどく(英語表記)cantharidin poisoning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンタリジン中毒
カンタリジンちゅうどく
cantharidin poisoning

カンタリジンは,甲虫の一種。マメハンミョウの乾燥虫体カンタリスに含まれる有効成分。すべての組織に対するきわめて強力な刺激剤で,過量に用いると中毒し,10mg以上摂取すると死亡する。中毒症状は,摂取直後に消化管の灼熱痛,嘔吐,血性下痢があり,急速に尿道の灼熱感,陰茎強直,血尿,乏尿,尿毒症肝不全,ショック,昏睡などに陥る。高度の中毒では2~3時間以内,中等度では1週間以内に死亡する。カンタリジンは堕胎薬や催淫薬として用いられることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android