コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンタリジン中毒 カンタリジンちゅうどく cantharidin poisoning

1件 の用語解説(カンタリジン中毒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンタリジン中毒
カンタリジンちゅうどく
cantharidin poisoning

カンタリジンは,甲虫の一種。マメハンミョウの乾燥虫体カンタリスに含まれる有効成分。すべての組織に対するきわめて強力な刺激剤で,過量に用いると中毒し,10mg以上摂取すると死亡する。中毒症状は,摂取直後に消化管の灼熱痛,嘔吐,血性下痢があり,急速に尿道の灼熱感,陰茎強直,血尿,乏尿,尿毒症肝不全ショック,昏睡などに陥る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンタリジン中毒の関連キーワードマメハンミョウ青斑猫カンタリジンカンタリス土斑猫豆斑猫斑猫イカリモンハンミョウツチハンミョウ(土斑猫)ハンミョウ(斑猫)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone