コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンタリジン中毒 カンタリジンちゅうどくcantharidin poisoning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンタリジン中毒
カンタリジンちゅうどく
cantharidin poisoning

カンタリジンは,甲虫の一種。マメハンミョウの乾燥虫体カンタリスに含まれる有効成分。すべての組織に対するきわめて強力な刺激剤で,過量に用いると中毒し,10mg以上摂取すると死亡する。中毒症状は,摂取直後に消化管の灼熱痛,嘔吐,血性下痢があり,急速に尿道の灼熱感,陰茎強直,血尿,乏尿,尿毒症肝不全,ショック,昏睡などに陥る。高度の中毒では2~3時間以内,中等度では1週間以内に死亡する。カンタリジンは堕胎薬や催淫薬として用いられることがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android