催淫薬(読み)さいいんやく(英語表記)aphrodisiac

翻訳|aphrodisiac

世界大百科事典 第2版の解説

さいいんやく【催淫薬 aphrodisiac】

淫薬という言葉は,俗間では男女の房中に用いられる媚薬(びやく)(ほれぐすり)と同じ意味で使われ,いかがわしいものや有効成分の不明なものまで含めることが多い。しかし,ここでは催淫薬を,性欲を亢進させ,陰茎勃起を促す薬物と定義する。つまり強精剤と同義といえるが,より直接的な呼称である。催淫薬の英名はギリシアの女神アフロディテに由来し,ヒッポクラテスがこの語を〈性的快楽〉の意味に用いたことに始まる。 催淫薬は,大別して直接陰茎の勃起を起こす薬物と,中枢の精神的抑制を解除して間接的に勃起を促す薬物とに分けられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の催淫薬の言及

【媚薬】より

…自分や相手の性欲や性的快感を増大させるために用いる薬の総称で,催淫薬ともいう。長大な陰茎をよしとしてこれを求める願望と関連した男性性器を大きくする薬や,女性性器を小さくする薬といわれるものも媚薬の中に数えられるのは,それによって性感がいっそう高まると信じられているからである。そのラテン語アフロディシアクムaphrodisiacum(複数形aphrodisiaca)は,ギリシア神話の美と官能の女神アフロディテに由来する近代の学術的造語である。…

【媚薬】より

…自分や相手の性欲や性的快感を増大させるために用いる薬の総称で,催淫薬ともいう。長大な陰茎をよしとしてこれを求める願望と関連した男性性器を大きくする薬や,女性性器を小さくする薬といわれるものも媚薬の中に数えられるのは,それによって性感がいっそう高まると信じられているからである。…

※「催淫薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android