コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンポ・サント Campo Santo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンポ・サント
Campo Santo

イタリア語の「聖なる場所」すなわち墓地を意味し,広義には聖堂境内をさすこともある。中世イタリアの墓所は回廊で囲まれ,回廊には貴族の納骨堂が置かれた。代表的な例はピサ大聖堂境内のカンポ・サント。 12世紀末,十字軍エルサレムの聖地カルバリーの丘から持帰った土によって築いたため,「聖なる場所」と呼ばれた。ここに J.シモーネの設計によるイタリア・ゴシック様式の回廊が建てられ (1278~83) ,その壁面は初期トスカナ派の画家たちのフレスコ画で飾られている。ボルテラの『最後の審判』をはじめ,タデオ・ガッディ,トマソ・ピサーノ,ゴッツォリ,シエナ派のフランチェスコ・トライーニらの作と考えられる,最も重要な『死の勝利』の連作などは,現在ピサ国立博物館に収蔵されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カンポ・サントの関連キーワードコルネリウスオルカーニャイタリア語スピネロ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android