コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルテラ ボルテラ Volterra, Daniele da

7件 の用語解説(ボルテラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボルテラ
ボルテラ
Volterra, Daniele da

[生]1509. ボルテラ
[没]1566.4.4. ローマ
イタリアの画家。本名 Daniele Ricciarelli。シエナソドマに師事,のちミケランジェロの影響を受け,彼の様式を受継いだ。 1559年教皇パウルス4世の命を受けてミケランジェロの『最後の審判』の裸体の人物に衣を描いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ボルテラ
ボルテラ
Volterra, Vito

[生]1860.5.3. アンコナ
[没]1940.10.11. ローマ
イタリアの数学者。ピサ大学に学び (1878~82) ,E.ベッチの強い影響を受ける。ピサ大学の力学教授 (83) 。この頃から汎関数の一般理論の研究を始める。汎関数の概念から解析学の新しい領域が生れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ボルテラ
ボルテラ
Volterra

イタリア中西部,トスカナ州ピサ県,フィレンツェ南西約 50kmの町。エトルリア時代の壁,門などが残り,エトルリア美術の博物館は有名。このほか,アンドレア・デラ・ロッビア,ルカ・シニョレリロッソ・フィオレンティーノなどの作品が聖堂や宮殿に残されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ボルテラ【Volterra】

イタリア中部,トスカナ地方のエトルリア起源の古代都市エトルリア語でウェラトリVerathri,ラテン語ウォラテラエVolaterrae。チェチーナ川とエラ川を見下ろす急峻な丘の上に前7世紀軍事都市として建設され,銅の生産と内陸通商によって前4世紀から前1世紀にかけて最も栄えた。エトルリア12都市同盟の一つ。考古学資料は新石器時代から出土するが,一定規模の集落を形成したのはビラノーバ文化時代になってからである。

ボルテラ【Vito Volterra】

1860‐1940
イタリアの数学者。積分方程式,積分微分方程式,汎関数論などを研究。純粋数学の研究のみならず,物理学や生物学と関連した応用数学的研究も数多く行う。とくに晩年の15年間に行った数理生態学の研究は著名である。これは娘婿の水産学者ダンコナU.D’Ancona(1896‐1964)から聞いたアドリア海における魚種交代現象の話に端を発するもので,彼はこの現象を説明すべく,1926年に被食者と捕食者の個体数変動に関する微分方程式モデルを,アメリカA.J.ロトカと独立に,提出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ボルテラ【Vito Volterra】

1860~1940) イタリアの数学者。主として解析学を研究、なかでも積分方程式の理論で知られる。生態学にも関心を示し、魚種交代について微分方程式モデルを提出するなど、数理的生態学の端緒を開く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボルテラ
ぼるてら
Vito Volterra
(1860―1940)

イタリアの数学者。アンコーナに生まれ、ピサ大学(1883~1892)、トリノ大学(1892~1900)、ローマ大学(1900~1931)で教鞭(きょうべん)をとる。国立リンチェイ・アカデミー会員でかつ会長。1887年、「汎関数(はんかんすう)」の概念の重要性を指摘して多くの例をあげた。すなわち、関数fに対し、その積分値

や導関数値f′(t0)を対応させる「線の関数function of lines」の概念を一般にして「関数のおのおのに一つずつ数値を対応させる汎関数functional」の概念である。さらに進んで一般に、その定義域domainも値域rangeもともに関数の集合であるような「一般化された関数」をオペレーターoperatorとよんで「関数解析学」の源流となった。オペレーターの例として彼が1896年に発表した積分方程式

の解は=(I+TK+TK2+……)fで与えられる。このオペレーターI,TK,TK2……は、

によって定義されたものである。著書に『Leons sur les fonctions de lignes』(1911)がある。[吉田耕作]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のボルテラの言及

【ガウゼの法則】より

…このような考えはC.ダーウィンの自然淘汰説の主要な柱でもあったため,多くの研究者によって古くよりいろいろな形で主張されてきた。数式モデルによってこのような考えに理論的な考察を加えたのはボルテラV.Volterra(1926)とロトカA.J.Lotka(1932)が最初であるが,1934年にソビエトのガウゼG.F.Gauseが酵母菌とゾウリムシを用いて初めて詳細な実験的研究を行い,種間競争によって一方が他方を駆逐してしまうという現象を明確に実証したところから,後にこのような考えがガウゼの法則(仮説)と呼ばれるようになった。この呼び方には異論もあり,競争的排除則あるいは競争的置換則と呼ばれることもある。…

【積分方程式】より

…これが積分方程式の始まりである。しかし積分方程式を系統的に論じたのは,ボルテラV.Volterra(1860‐1940)とフレドホルムE.I.Fredholm(1866‐1927)である。 一般的な形として,f(x),K(x,y)を既知関数,φ(x)を未知関数とするとき,はそれぞれフレドホルム型積分方程式,ボルテラ型積分方程式と呼ばれ,K(x,y)をこれらの方程式の核という。…

【ガウゼの法則】より

…このような考えはC.ダーウィンの自然淘汰説の主要な柱でもあったため,多くの研究者によって古くよりいろいろな形で主張されてきた。数式モデルによってこのような考えに理論的な考察を加えたのはボルテラV.Volterra(1926)とロトカA.J.Lotka(1932)が最初であるが,1934年にソビエトのガウゼG.F.Gauseが酵母菌とゾウリムシを用いて初めて詳細な実験的研究を行い,種間競争によって一方が他方を駆逐してしまうという現象を明確に実証したところから,後にこのような考えがガウゼの法則(仮説)と呼ばれるようになった。この呼び方には異論もあり,競争的排除則あるいは競争的置換則と呼ばれることもある。…

【生態学】より

…そこでは,害虫の抑圧または有用魚の増殖という課題からして,初めから個々の種の個体数が対象であった。その発展のきっかけはA.J.ロトカ(1925)とV.ボルテラ(1926)の数理モデルの提出とG.F.ガウゼ(1934)の実験的研究で,そのころからこれは個体群生態学と呼ばれるようになった。動物の個体数は生まれれば増え死ねば減る。…

【積分方程式】より

…これが積分方程式の始まりである。しかし積分方程式を系統的に論じたのは,ボルテラV.Volterra(1860‐1940)とフレドホルムE.I.Fredholm(1866‐1927)である。 一般的な形として,f(x),K(x,y)を既知関数,φ(x)を未知関数とするとき,はそれぞれフレドホルム型積分方程式,ボルテラ型積分方程式と呼ばれ,K(x,y)をこれらの方程式の核という。…

※「ボルテラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボルテラの関連キーワード常微分方程式積分方程式微分方程式積分定数ベルヌーイの方程式ラグランジュの微分方程式リカッチの微分方程式リッカティの微分方程式フレドホルム型積分方程式ボルテラ型積分方程式

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone