コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランチェスコ フランチェスコFrancesco d'Assisi

3件 の用語解説(フランチェスコの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フランチェスコ(Francesco d'Assisi)

[1182~1226]カトリック教会の聖人。フランチェスコ修道会の創設者。イタリアアッシジの生まれ。キリストにならい清貧・貞潔・奉仕の生活を守り、「小さき兄弟修道会」(のちのフランチェスコ修道会)を創立、愛と祈りの一生を送った。花や小鳥に至るまで、すべての小さきものへの純粋な愛によって、「キリストに最も近い聖者」として知られる。フランシスコ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

フランチェスコ【San Francesco d'Assisi】

1181~1226) イタリアの聖人。アッシジ生まれ。清貧と奉仕の生活を実践し、フランチェスコ修道会を設立。愛と瞑想の神秘家としても知られ、キリスト教を越えて広い共鳴者をもつ。小鳥に説教したことは有名。「太陽の賛歌」を残す。フランシスコ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランチェスコ
ふらんちぇすこ
Francesco d'Assisi
(1181/1182―1226)

フランシスコ会の創立者。聖人。アッシジの富裕な繊維商ピエトロ・ベルナルドーネとその妻ピーカの息子。20歳ころまで父の下で商売に従事したが、遊び好きで友人間に人気があった。1202年のアッシジとペルージア間の紛争に出征し、捕虜となった。獄中で病気にかかり、釈放後の療養中に、これまでの生活に疑問を抱き、不安のなかに祈りと貧者への奉仕に専念した。ローマに巡礼を試みた際、聖ペテロの墓所に路銀を財布ごと献金し、乞食(こじき)となって施与にすがって生活した。この体験で福音(ふくいん)中のキリストの貧しさを体験した彼は、それ以降、世俗の事物への執着を断ち、無一物となってキリストの生き方を己の生活の手本とし、奉仕と托鉢(たくはつ)の生活を始めた。この生き方に共鳴した若者が集まってくると、ローマに赴き、教皇インノケンティウス3世から修道会としての認可と説教の許可を受けた(1209ころ)。
 謙遜(けんそん)に徹した彼は、己を「小さき兄弟」とよび、粗衣にはだしで兄弟たちといっしょに放浪のなかに、キリストの教えを人々に説いて各地を巡った。1212年、アッシジの貴族の娘クララが、彼の生き方に共鳴してその仲間となったが、彼はその女性たちのために修道会(第二会)を創設した。1214年ころ南フランスからスペインを旅し、1219年にはエジプトからパレスチナを巡歴した。病気を理由に会長職を辞任した彼は、教皇の命令に従って「会則」を執筆し、1223年に教皇から認可された。また、1221年ころには、世間に居住しながら彼の精神を生きようと望む人々のために、在世会(第三会)を創設した。
 彼は自然のあらゆる存在を兄弟姉妹とよび(『太陽の賛歌』)、小鳥や魚に説教を試み、狼(おおかみ)を回心させるなどして、世人に神の慈愛を示した。1224年アルベルナ山上で、キリストから五つの聖痕(せいこん)を受け、その2年後の10月3日、アッシジのポルチウンクラにおいて帰天した。墓所は同地の大聖堂にある。[石井健吾]
『オ・エングルベール著、平井篤子訳『アシジの聖フランシスコ』(1969・創文社) ▽J・J・ヨルゲンセン著、永野藤夫訳『アシジの聖フランシスコ』(1977・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フランチェスコの関連キーワードルイ[9世]寿永キリスト教系教会謝枋得専修寺僻案抄無学祖元頼瑜ルイカルメル会

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フランチェスコの関連情報