コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーイム・マカーム制度 カーイム・マカームせいどqā'im maqām

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーイム・マカーム制度
カーイム・マカームせいど
qā'im maqām

1840~50年代のレバノン政治制度。当時オスマン帝国の支配下にあったレバノンはドゥルーズ派のイスラム教徒マロン派キリスト教徒の対立が激しく,英仏の勢力争いもからんで政情は不安であった。 1842年の六国会議で,総督のもとに,両派のそれぞれのカーイム・マカーム (総督代理) をおいて両派を統治することにした。この体制は,結局 60年からの両派の武力衝突と,列強の干渉によって崩壊した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カーイム・マカーム制度の関連キーワードアヘン戦争シュティフターレールモントフアヘン戦争雪華図説ウィレム2世[オランダ王]イングウィルシュルツェダッドレー

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone