コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーグ島 カーグとうKharg Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーグ島
カーグとう
Kharg Island

ペルシア語ではハールク Khārk。ペルシア湾北部に浮ぶイランの島。ブーシェル港北西 55kmに位置する。古くは特にインド貿易航路上の重要な島であった。 15世紀にオランダが商館を建てたが,1766年には海賊に占領された。以後,事実上無人島であったが,20世紀に入り石油精製所ができて,1960年代にはイラン原油の 90%近くを処理する能力をもつようになり,スーパータンカーの接岸が可能な湾岸随一の石油積出港となった。 80年代のイラン=イラク戦争ではイラク空軍の目標となり,大きな被害を受けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カーグ‐とう〔‐タウ〕【カーグ島】

Kharg》⇒ハールク島

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

カーグとう【カーグ島】

〔Khārg〕 イラン、ペルシャ湾の北東部にある小島。石油の輸出港。石油はザグロス山脈の油田から送油管で運ばれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーグ島
かーぐとう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カーグ島の関連情報