カーグ島(読み)カーグとう(英語表記)Kharg Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「カーグ島」の解説

カーグ島
カーグとう
Kharg Island

ペルシア語ではハールク Khārk。ペルシア湾北部に浮ぶイランの島。ブーシェル港北西 55kmに位置する。古くは特にインド貿易航路上の重要な島であった。 15世紀にオランダが商館を建てたが,1766年には海賊に占領された。以後,事実上無人島であったが,20世紀に入り石油精製所ができて,1960年代にはイラン原油の 90%近くを処理する能力をもつようになり,スーパータンカーの接岸が可能な湾岸随一の石油積出港となった。 80年代のイラン=イラク戦争ではイラク空軍の目標となり,大きな被害を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「カーグ島」の解説

カーグ‐とう ‥タウ【カーグ島】

(カーグはKharg) イランのペルシャ湾北東部にある島。原油輸出の大半を扱う積み出し港。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android