コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーフィリー Caerphilly

翻訳|Caerphilly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーフィリー
Caerphilly

イギリスウェールズ南東部の単一自治体(ユニタリー unitary authority)。行政府所在地アストラッドマナッハ。ウェールズ語では Caerffili。リムニー川西岸は旧グラモーガン県,東岸は旧モンマスシャー県に属する。1974年の自治体再編でミッドグラモーガン県およびグウェント県の一部となり,1996年に単一自治体となった。木々に覆われた丘陵の間に,いくつもの深い谷が刻まれた地形。北部はブレコンビーコンズ国立公園に属し,南部はカーディフの郊外に位置する。南東部のリスカの北郊では,鉄器時代の要塞跡や中世の城の土塁が出土している。13世紀に築かれたカーフィリー城は,イギリスではウィンザー城に次ぐ広大な敷地面積をもつ。18~19世紀の産業革命で,リムニー渓谷は炭鉱の拠点として急速に発展。20世紀末までに石炭鉱業は衰退し,多くの町で他の経済活動への移行が進んだ。カーフィリーの町は周辺地域の重要な商業拠点,カーディフのベッドタウンとして発展。面積 277km2。人口 17万200(2005推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カーフィリーの関連キーワードケーフェリー城

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android