カーフィリー(英語表記)Caerphilly

翻訳|Caerphilly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーフィリー
Caerphilly

イギリスウェールズ南東部の単一自治体(ユニタリー unitary authority)。行政府所在地アストラッドマナッハ。ウェールズ語では Caerffili。リムニー川西岸は旧グラモーガン県,東岸は旧モンマスシャー県に属する。1974年の自治体再編でミッドグラモーガン県およびグウェント県の一部となり,1996年に単一自治体となった。木々に覆われた丘陵の間に,いくつもの深い谷が刻まれた地形。北部はブレコンビーコンズ国立公園に属し,南部はカーディフの郊外に位置する。南東部のリスカの北郊では,鉄器時代の要塞跡や中世の城の土塁が出土している。13世紀に築かれたカーフィリー城は,イギリスではウィンザー城に次ぐ広大な敷地面積をもつ。18~19世紀の産業革命で,リムニー渓谷は炭鉱の拠点として急速に発展。20世紀末までに石炭鉱業は衰退し,多くの町で他の経済活動への移行が進んだ。カーフィリーの町は周辺地域の重要な商業拠点,カーディフのベッドタウンとして発展。面積 277km2。人口 17万200(2005推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android