カール グロース(英語表記)Karl Groos

20世紀西洋人名事典の解説

カール グロース
Karl Groos


1861.12.10 - 1946.4.3
ドイツの心理的美学者,哲学者
ハイデンベルク大学で学び、1898年バーゼル大学、1901年ギーゼン大学、’11年から18年間チュービンゲン大学の各教授を歴任。現実感情説を取り入れ、心理学的生物進化論の立場に立ち、美の発生論的研究を行い、美的享受の起源を遊戯性に求め、享受体験の中心を「内的模倣」の概念でまとめた。「美学入門」(1892年)、「人間の遊戯」(1899年)、「遊戯」(1922年)等の著書を残す。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android