カール シュワルツシルト(英語表記)Karl Schwarzschild

20世紀西洋人名事典の解説


1873.10.9 - 1916.5.11
ドイツの天文学者
元・ゲッティンゲン大学準教授兼天文台長,元・ポツダム天体物理観測所所長。
フランクフルト生まれ。
1891年にストラスブール大学に入学し、実地天文技術を修行した。1893年にミューニヒ大学に転学し、1896年にゼリーガーの指導で学位を得た。その後、クフナー天文台助手をはじめとして、1901年にはゲッティンゲン大学準教授兼天文台長、’09年にポツダム天体物理観測所長を歴任する。気象予報、弾道計算などの分野で活躍し、天体の写真測光術の開拓太陽大気放射平衡解析など銀河構造論、相対論的宇宙論へ寄与した。理論天体物理学の創始者の一人とされている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android