カール デーニッツ(英語表記)Karl Doenitz

20世紀西洋人名事典「カール デーニッツ」の解説

カール デーニッツ
Karl Doenitz


1891.9.16 - 1980.12.25
ドイツの海軍軍人
元・ドイツ総統兼国防軍総司令官。
ベルリン生まれ。
1910年海軍に入隊し、第一次大戦では地中海方面で潜水艦長として従軍。後に撃沈され、イギリス軍の捕虜となる。’36年潜水艦隊司令官を経て、’43年海軍総司令官に昇進。’45年自殺直前のヒトラーから後継の総統兼国防軍総司令官に指名される。その後ドイツ軍の無条件降伏を命令し、同年他の政府官僚と逮捕され、翌年禁固10年のに処せられる。’56年刑期を終了し、シュパンダウ刑務所から釈放される。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典「カール デーニッツ」の解説

カール デーニッツ

生年月日:1891年9月16日
ドイツの海軍軍人
無年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android