無条件降伏(読み)むじょうけんこうふく(英語表記)unconditional surrender

日本大百科全書(ニッポニカ)「無条件降伏」の解説

無条件降伏
むじょうけんこうふく
unconditional surrender

第二次世界大戦の終了に際して、枢軸国政府との交渉が不可能と思われ、文民政府による敵軍隊の内通を排除しかつ敵国民の再教育と民主化を軍事管理の下で行う必要があることなどを理由に、連合国によってとられた一般的降伏の方式。ドイツの場合、1945年5月8日連合軍の前でドイツ軍最高司令官は降伏文書に署名した。この文書でドイツの全陸海空軍は連合軍最高司令官に無条件降伏した。日本の場合、1945年7月26日のポツダム宣言を8月14日受諾したが、それにより全日本国軍隊の無条件降伏のほか、軍国主義の除去、本土の占領などの諸条件が課せられた。これらの条件は国家として無条件に受け入れることを要求されたのである。

[藤田久一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「無条件降伏」の解説

無条件降伏【むじょうけんこうふく】

勝者に無制限な自由を認めた降伏。勝者は敗者の兵員・武器のみならず,政府や国家を無条件で自己の支配下に置くことができる。勝者が,現敵国政府を犯罪者として抹殺(まっさつ)し,それを相手とした講和の交渉を避ける意図から,敗者に強要する方法である。第2次大戦において日本,ドイツ等は連合国に無条件降伏した。→ポツダム宣言
→関連項目第2次世界大戦

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「無条件降伏」の解説

むじょうけん‐こうふく ムデウケンカウフク【無条件降伏】

〘名〙 相手の言うがままになんの条件もつけないで降伏すること。
神野信一講演集(1932)〈神野信一〉二「ストライキを続けたが、遂に争議団側は無条件降伏と云ふことで工場には入ったのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無条件降伏」の解説

むじょうけん‐こうふく〔ムデウケンカウフク〕【無条件降伏】

一切の条件をつけずに降伏すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の無条件降伏の言及

【降伏】より

…交戦軍隊の一方が,戦闘行為をやめ,敵の権力に服すること。軍司令官の間で〈降伏規約〉を結び,兵員や地域の引渡し,武装解除等を取り決めるが,降伏規約を結ばない無条件降伏もある。個々の兵員が武器を捨て,敵権力に服する投降とは異なる。…

※「無条件降伏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android