コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガウプ Robert Gaupp

世界大百科事典 第2版の解説

ガウプ【Robert Gaupp】

1870‐1953
ドイツの精神医学者。ウェルニッケ,ついでクレペリンに師事したのち,1906年からチュービンゲン大学の主任教授をつとめた。業績のなかではパラノイア研究が有名で,14年〈教頭ワーグナー〉の名で知られる大量殺人犯の精神鑑定を担当し,長期間にわたるその分析をもとに,パラノイアの妄想が特定の人格構造と特定の体験から心理的・了解的に発展することを説いて,人格反応としてのパラノイアの考え方を定着させた。第1次大戦後,器質性か心因性かで論争の的だった戦争神経症についても,外傷ヒステリーの説をつらぬき,神経症の心因論確立に力をつくした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のガウプの言及

【チュービンゲン学派】より

…ドイツの精神医学者ガウプが基礎を築いた学派。1906年チュービンゲン大学教授になったガウプは開かれた温かな人格を持った優れた研究者,医者,教育者で,教室はシュワーベン詩人学派と呼ばれた。…

※「ガウプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガウプの関連キーワードチュービンゲン学派敏感関係妄想クレッチマー混合精神病

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android