ガス測定器(読み)ガスそくていき(英語表記)gas detector

世界大百科事典 第2版の解説

ガスそくていき【ガス測定器 gas detector】

サンプル中に含まれるガス濃度を測定する機器。炭鉱においては,メタンガスが発生し流動するので,爆発防止のためつねにその濃度をメタンガス測定器によって測定し,安全を期している。作動原理から分類すると,(1)メタンを燃焼させるものとして,(a)灯炎長の変化を見るもの,(b)燃焼の際に生ずる水分凝縮による圧力低下を利用するもの,(c)熱線にメタンを接触させて熱線の抵抗変化を読むもの,(d)熱線にメタンを接触燃焼させて熱線の輝度の変化を読むものなど,(2)気体の物理的性質の差を利用したものとして,(a)光の屈折率の差を利用したもの,(b)熱伝導率の差を利用したもの,(c)拡散速度(浸透圧)の差を利用したもの,(d)赤外線吸収率の差を利用したものなどがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android