コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガズニー朝 ガズニーちょうGhaznavids; Ghaznaviyān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガズニー朝
ガズニーちょう
Ghaznavids; Ghaznaviyān

アフガニスタンのトルコ系王朝 (962~1186) 。サーマン朝の武将であったトルコ人奴隷出身のアルプティギーンガズニーに独立して興した。アルプティギーンの奴隷であった第5代のスブクティギーン (在位 977~997) が,ペシャワルを占領,またホラーサーンをも領有して,王朝の基礎を確立。その子マフムード (在位 998~1030) は,スルタンを号し,トランスオクシアナからイスファハンにいたる地を併合。また十数回にわたってインド遠征を敢行し,パンジャブ地方をも領有して同朝の最盛期を現出した。しかし,マスウード1世 (在位 31~41) のとき,中央アジアから南下したセルジューク族のために,ダンダンカーンの戦いで大敗してイランの地を失い,急速に衰退。 12世紀中頃には,新興のゴール朝に首都ガズニーを奪われて,ラホールに移ったが,結局インド領もゴール朝に併合されて滅亡した。同朝治下,特にマフムードの時代は宮廷文化が栄え,有名な『シャー・ナーメ (王書) 』を書いた詩人フィルダウシーや『インドの書』の著者ビールーニーらが出た。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ガズニー‐ちょう〔‐テウ〕【ガズニー朝】

Ghaznī》アフガニスタンのトルコ系イスラム王朝。ガズニーを首都としたのでこの名がある。962年、サーマーン朝のアルプティギーンによって始められ、勇王マフムードのときに最盛期を迎えた。1186年、ゴール朝により滅ぼされた。ガズナ朝。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ガズニー朝の関連キーワードアブー・アル・ライハーン ビールーニームイッズ・ウッディーン・ムハンマドマスーデ・サーデ・サルマーンマスウード3世のミナレットマハムード・ガズナヴィームハンマド・ゴーリーデリー・サルタナットアディーブ・サービルナースィレ・ホスロープラティーハーラ朝アルプ・アルスランソームナート寺院ガルディージートグルル・ベグアスジャディーマヌーチフリーガズニー朝美術サッラール朝バーミアーンシャーヒー朝

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android