コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガズニー朝 ガズニーちょう Ghaznavids; Ghaznaviyān

2件 の用語解説(ガズニー朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガズニー朝
ガズニーちょう
Ghaznavids; Ghaznaviyān

アフガニスタンのトルコ系王朝 (962~1186) 。サーマン朝の武将であったトルコ人奴隷出身のアルプティギーンガズニーに独立して興した。アルプティギーンの奴隷であった第5代のスブクティギーン (在位 977~997) が,ペシャワルを占領,またホラーサーンをも領有して,王朝の基礎を確立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガズニー‐ちょう〔‐テウ〕【ガズニー朝】

Ghaznī》アフガニスタンのトルコ系イスラム王朝。ガズニーを首都としたのでこの名がある。962年、サーマーン朝のアルプティギーンによって始められ、勇王マフムードのときに最盛期を迎えた。1186年、ゴール朝により滅ぼされた。ガズナ朝

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガズニー朝の関連キーワードアフガニスタンアフガニスタン音楽トルキスタンアフガンアフガンハウンドアフガン侵攻パタン王朝ヘルマンド[川]イギリス・アフガニスタン戦争‘Abd al-Raḥmān(アフガニスタン)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone