コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガッターマン=コッホ反応 ガッターマンコッホはんのうGattermann‐Koch reaction

世界大百科事典 第2版の解説

ガッターマンコッホはんのう【ガッターマン=コッホ反応 Gattermann‐Koch reaction】

1897年ドイツのガッターマンL.GattermannとコッホJ.A.Kochにより見いだされた芳香族アルデヒドの工業的合成法。芳香族炭化水素に塩化銅(I)と塩化アルミニウムを触媒として,一酸化炭素と塩化水素の混合物を作用させると,芳香族アルデヒドが1段階で得られる。通常アルキルベンゼンは容易に反応するが,ベンゼンやハロゲン化ベンゼンの場合には加圧下で反応を行わせる。溶媒としてニトロベンゼンが用いられ,多環式芳香族アルデヒドの合成にも適用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガッターマン=コッホ反応の関連キーワード国木田独歩ウナムーノ国木田独歩サンクト・ペテルブルグシベリア鉄道フィリピン革命ジャン ロラン帝国大学オールコックカンドウ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android