コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガッターマン=コッホ反応 ガッターマンコッホはんのう Gattermann‐Koch reaction

1件 の用語解説(ガッターマン=コッホ反応の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ガッターマンコッホはんのう【ガッターマン=コッホ反応 Gattermann‐Koch reaction】

1897年ドイツガッターマンL.GattermannとコッホJ.A.Kochにより見いだされた芳香族アルデヒドの工業的合成法。芳香族炭化水素に塩化銅(I)と塩化アルミニウムを触媒として,一酸化炭素塩化水素の混合物を作用させると,芳香族アルデヒドが1段階で得られる。通常アルキルベンゼンは容易に反応するが,ベンゼンハロゲン化ベンゼンの場合には加圧下で反応を行わせる。溶媒としてニトロベンゼンが用いられ,多環式芳香族アルデヒドの合成にも適用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガッターマン=コッホ反応の関連キーワードズーダーマンドイツ体操西ドイツハーマンドイツ菖蒲レービットウィディア統一ドイツニーマンピック病ドイツの小さな町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone