コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガッターマン ガッターマンGattermann, Ludwig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガッターマン
Gattermann, Ludwig

[生]1860.4.20. ゴスラル
[没]1920.6.20. フライブルク
ドイツの有機化学者。 1880年からライプチヒ,ハイデルベルク,ベルリンの各地で化学を学び,ゲッティンゲンで学位取得。ハイデルベルク大学研究所所長代理 (1889) ,およびフライブルク大学化学研究所所長 (90) などを歴任。芳香族アルデヒド合成法,芳香族ジアゾニウム塩を芳香族ハロゲン化合物やニトリルに変える方法を研究 (ガッターマン合成 ) 。著書の『有機化学実験』 Die Praxis der organischen Chemieも有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ガッターマンの関連キーワードガッターマン=コッホ反応ザンドマイヤー反応ハイデルベルクフライブルク4月20日ホルミル化ジアゾ反応

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android