コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガバメント論 ガバメントろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガバメント論
ガバメントろん

民主主義の条件とみなされるガバメント governmentの牽制と均衡 (チェック・アンド・バランス) の理論と実際についての研究。ガバメント論はアメリカ政治学の特徴の一つである。このガバメントは単に政府ないし行政部をいうのではなく,立法部,司法部をも包含する概念であり第4の政府部門としてマス・メディアも対象に含まれることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android