ガバメント論(読み)ガバメントろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガバメント論
ガバメントろん

民主主義の条件とみなされるガバメント governmentの牽制と均衡 (チェック・アンド・バランス) の理論と実際についての研究。ガバメント論はアメリカ政治学の特徴の一つである。このガバメントは単に政府ないし行政部をいうのではなく,立法部,司法部をも包含する概念であり第4の政府部門としてマス・メディアも対象に含まれることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android