コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガルシニア・カンボジア がるしにあかんぼじあ

1件 の用語解説(ガルシニア・カンボジアの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

がるしにあかんぼじあ【ガルシニア・カンボジア】

ガルシニア・カンボジア南アジアに自生するオトギリソウ科柑橘類(かんきつるい)で、その果皮から有効成分が抽出されます。食べながらやせられるとして脚光を浴びているダイエット食品です。
〈余分な糖質が脂肪になるのを防ぐ〉
○栄養成分としての働き
 ガルシニア・カンボジアのダイエット有効成分はHCA(ハイドロキシクエン酸)です。食事でとった糖質や脂質はブドウ糖にかえられエネルギーとなり、余った分はATPクエン酸リアーゼという酵素の働きで脂肪となって蓄えられます。食前にガルシニアをとると、HCAがその酵素と結合して働きを阻害し、脂肪をできにくくします。
 また脂肪の生産のときにいっしょにできる脂肪酸も、この結果不足します。不足分を補うために、蓄積された体脂肪が分解されます。通常はATPクエン酸リパーゼの働きが阻害されると酸性体質になってしまうのですが、ガルシニア・カンボジアではそれがありません。またHCAは肝臓リパーゼの反応を抑制し、脂肪が腸管から吸収されるのを抑えることも判明しています。これらの働きから、食べてもふとらないのです。
 さらに体脂肪にならなかったブドウ糖はグリコーゲンにかえられるため、あまり空腹感を感じなくなり食事量も減ります。無理に食事量を減らすことがないので、いわゆるリバウンドが起こりにくいのも利点です。肥満防止は美容面ばかりでなく、高脂血症や高血圧など生活習慣病を予防するうえでもたいせつです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

ガルシニア・カンボジアの関連キーワードカンボジア語クメール語東南アジア東南アジア条約機構民主カンボジア国連カンボジア暫定統治機構南アジアSNCモンクメール語族日本のカンボジア支援

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガルシニア・カンボジアの関連情報