コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガレリウスの凱旋門(読み)ガレリウスノガイセンモン

デジタル大辞泉の解説

ガレリウス‐の‐がいせんもん【ガレリウスの凱旋門】

Apsida tou GaleriouΑψίδα του Γαλέριου》ギリシャ北部の港湾都市テッサロニキの市街中心部、エグナティア大通りにある凱旋門。4世紀初頭、古代ローマ皇帝ガレリウスがササン朝ペルシアとの戦いで勝利したことを記念して建造。アギオスゲオルギオス教会とともに、テッサロニキ最古の建造物として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ガレリウスのがいせんもん【ガレリウスの凱旋門】

ギリシアの中央マケドニア地方の中心都市で、同国第2の都市であるテッサロニキ(Thessaloniki)にある、古代ローマ時代の凱旋門。ローマ皇帝ガレリウス(在位305~311年)が副王時代の297年、小アジア、アルメニア、シリア、メソポタミアを遠征してササン朝ペルシアを破り、領土を回復したことを記念して、305年ごろに建設された。凱旋門には、この時の戦闘の模様を描いたレリーフが残っている。ちなみに、テッサロニキはアレキサンダー大王の古代マケドニア王国の中心地だったところである。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android