コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガロ族 ガロぞく Garo

1件 の用語解説(ガロ族の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ガロぞく【ガロ族 Garo】

インドの現在のメガラヤ州,西アッサムチベット・ビルマ語派のボド語群に属する言語を話す種族。人口約30万を数える。チベットブータンより移動して来たらしい。イネおよびワタを焼畑移動耕作する。土地は共有で,川岸に村をつくり杭上住居に住む。ガロ族はいくつかの支族に分かれ,母系外婚氏族で胞族(フラトリー)をなす。母処婚で女子より求婚し,交叉いとこ婚行われる。かつては首狩りを盛んに行い,18世紀にはアッサム平野の恐怖の的であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガロ族の関連キーワードオポッサム日坂アッサムインドゴムの木インド犀アッサム地震バルサムの木ブロッサムカラヤガムエッサム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone