ガロ族(読み)ガロぞく(英語表記)Garo

世界大百科事典 第2版の解説

ガロぞく【ガロ族 Garo】

インドの現在のメガラヤ州,西アッサムのチベット・ビルマ語派のボド語群に属する言語を話す種族。人口約30万を数える。チベットブータンより移動して来たらしい。イネおよびワタを焼畑移動耕作する。土地は共有で,川岸に村をつくり杭上住居に住む。ガロ族はいくつかの支族に分かれ,母系外婚氏族で胞族(フラトリー)をなす。母処婚で女子より求婚し,交叉いとこ婚が行われる。かつては首狩りを盛んに行い,18世紀にはアッサム平野の恐怖の的であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android