コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガロ族 ガロぞくGaro

世界大百科事典 第2版の解説

ガロぞく【ガロ族 Garo】

インドの現在のメガラヤ州,西アッサムのチベット・ビルマ語派のボド語群に属する言語を話す種族。人口約30万を数える。チベット,ブータンより移動して来たらしい。イネおよびワタを焼畑移動耕作する。土地は共有で,川岸に村をつくり杭上住居に住む。ガロ族はいくつかの支族に分かれ,母系外婚氏族で胞族(フラトリー)をなす。母処婚で女子より求婚し,交叉いとこ婚が行われる。かつては首狩りを盛んに行い,18世紀にはアッサム平野の恐怖の的であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ガロ族の関連キーワードチベット・ビルマ語派交叉いとこ婚

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android